簡単なストレッチでリンパを刺激することで健康になる

●そもそも「リンパ」とは何か?

気持ちよく体を伸ばすだけで、きれいにやせ、痛みも取れ、さまざまな不調が改善すると、「リンパストレッチ」に、大きな注目が集まっています。

肩こりや腰痛、股関節痛などの痛み、便秘や不眠、目の疲れといった不快症状、そして肥満さえも、簡単なストレッチでリンパを刺激することで、どれもよくなります。

ここではまず、リンパの簡単な説明から入りましょう。

そもそも、人間が活動できるのは、心臓が血液を送り出すポンプとなり、全身の細胞に栄養が運ばれているからです。血液中の栄養素が血管から浸み出し、それが細胞の活動に使われています。

しかし、使われずに余った栄養素も出てきます。それを回収するのがリンパ管です。

もともとリンパの役割とは、使われずに余った栄養素を回収して心臓に戻してやることです。

 

 

リンパ管は、血管同様に、全身に網の目のように張り巡らされています。血管と違うのは、体の左右対称ではなく、左側にやや偏っていることです。

栄養を得た細胞が活動するとき、老廃物や疲労物質などを生み出します。また、周囲にはウイルスや細菌なども存在しています。これらを回収するのもまた、リンパ管の役割です。

リンパ管は、こうした異物を回収し、心臓に向かう訳ですが、そのまま戻ったとしたら大変です。心臓が異物でいっぱいになり、不調どころか、深刻な病気になるからです。

リンパ管が回収した老廃物や疲労物質、ウイルスや細菌は、その後、どうなるのでしょうか。

皮膚の表面付近には、毛細血管などとともに、浅いリンパ管(浅層リンパ管)があります。

リンパ液はゆっくりと流れながら、次第に皮膚から体の奥に人り、深いリンパ管(深層リンパ管)へ合流します。

その途中には、関所の役目を担う体のフィルター役である「リンパ節」があります。リンパ節で、リンパ液が運んできた異物をろ過することで、病気になるのを防いでいるのです。

→リンパストレッチで免疫機能を高める