指がほぐれると、ストレスの解消にも役立つ

◇道具もいらず、いつでもどこでもできる方法

指には、全身とつながる経絡が集中しています。日々よく使う指だからこそ、こまめに疲れを取ることが、とても大切です。

関節の中をマッサージするような気持ちで、優しく指を曲げたり、そらしたりしてみてください。無理せず、「気持ちいいな」と感じる程度に行うのがコツです。また、左右の偏りを正すために、必ず両手を行ってください。

これを行うと、指がじわーっと温かくなるのを感じる人が多いようです。全身の血の巡りがよくなり、10~15分ほどたつと、まず目の疲れが軽くなったり、鼻の通りがよくなったりすると思います。腱鞘炎やテニスひじなど、腕の痛みにも、比較的早い効果が期待できます。

また、毎日続けていくことで、全身のバランスが整い、その他の気になる不調が少しずつ改善されていくでしょう。専心良治の患者さんには、バレリーナやアスリートが多いのですが、「体が軽くなった」という声をよく聞きます。

指の疲れは、溜め込まないのが一番です。患者さんの中には、会議中に指の関節の曲げそらしを行っている、という人もいます。指がほぐれると、ストレスの解消にも役立つので、とてもいいアイデアですね。

指の関節の曲げそらしは、道具もいらず、家事や仕事の合間など、いつでもどこでもできる方法です。回数に制限もないので、ぜひ皆さんも実践してみてください。

→自覚がなくても指はこっている

→指の疲れを放置すると、首の筋肉まで緊張し全身に不調をもたらす