「ゴロゴロ体操」でめまいから解放される

●エブリー法とほぼ同等の効果が

良性発作性頭位めまい症は、頭を動かすリハビリ体操を行うことで、めまいがうそのように消失します。

なぜ、めまいのリハビリで良性発作性頭位めまい症が改善するのかというと、頭を動かすことで、三半規管のいちばん低い位置に集まっていた耳石片が散らばります。これらがやがて元元あった耳石器に戻り、その後、自然に処理されるからです。

良性発作性頭位めまい症のリハビリ体操としては、「エブリー法」というものが世界的に有名です。ただし、エブリー法は、床に座る-寝る-寝返りを打つ-起き上がるという動作を行うので、めまい発作がある人にとっては負担が大きすぎます。

そこで、横浜市立脳卒中・神経脊椎センターでお勧めしているのが、「ゴロゴロ体操」です。そのやり方をご説明しましょう。

 

 

①あおむけに寝たら、右側を向いて10秒払静止します。

②次に、真上を向いて10秒静止してください。

③そして、左側を向いて10秒静止しましょう。

※①~③を1回につき10往復くり返します。

このゴロゴロ体操は、朝起きる前と夜寝る前の1日2回行ってください。最初は症状が強く出ることもありますが、その際は薬を飲みながらでも続けることが大切です。その山を越えれば、めまいから解放されるのです。

ちなみに、エブリー法に比べてかなり簡単な体操ですが、そのめまい改善効果は、ほぼ同等の効果があることがわかっています。