動脈硬化を防ごう

動脈は、血液を心臓から全身へ運ぶ通り道となる血管です。心臓から勢いよく送り出される血流に耐えられるよう、動脈は丈夫でしなやかにできており、血管の内壁も滑らかで血液はスムーズに流れています。

しかし、動脈は加齢とともに徐々に弾力を失い硬くなっていきます。さらに血管の内壁には、「粥腫」と
いって、LDLコレステロールや中性脂肪などがドロドロしたかたまりとなってたまるため、内腔が狭くなります。これが「動脈硬化」の始まりです。

つまり、動脈硬化は歳をとれば誰にでも起こりうる「血管の老化現象」なのです。

ただし、動脈硬化の進み方には個人差があり、その個人差を左右する原因の多くは「生活習慣」にあります。喫煙、食べすぎや飲みすぎ、偏った食生活、運動不足などといった悪しき生活習慣の積み重ねが、血管の老化現象を加速させるのです。

悪しき生活習慣の積み重ねは、高血圧や糖尿病、脂質異常症などといったいわゆる生活習慣病を招きます。これらの生活習慣病は動脈硬化の最大の危険因子として知られており、危険因子を多く持っている人ほど動脈硬化が進行しやすくなります。

近年は、「メタポリックシンドローム」といって、内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧、高血糖、脂質異常症のうちいずれか2つ以上を併せ持っていると、動脈硬化が急速に進み、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まることもわかっています。

心扶助梗塞や脳卒中は、いずれも動脈硬化が進んで硬く狭くなった血管が詰まったり、破れたりして起こるもので、突然州死の原因にもなる恐ろしい病気です。最悪の事態を未然に防ぐためにも、今すぐ生活習慣の見直しと改善に努め、血管の老化を食い止めましょう。